自家製R1ヨーグルトを5月から食していたのに風邪をひいてしまった件。

f:id:north-urawa-takao:20170819175534j:image

表題のとおり、ぼくは5月からアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを買い(5000円オーバーで温度と時間を調節できるプレミアム仕様)、自家製R1ヨーグルトを毎日食す習慣を身につけていた。

結果、この三ヶ月間、気温気象変化多々あったにもかかわらず、風邪を引くことなく平穏無事で過ごせていたのである!

 

が、しかし、8月11日からお盆やすみに入り、12日から15日までの4日間九州〜中国地方に旅行に行き、あけて16日は平常であったものの、17日目覚めてみると、

のどが痛い!!

 

18日は風邪をひいたような熱っぽさと気だるさで1日中寝ており、本日19日ものどの痛みもとれ快調に向かってるとはいえ、ほぼ寝ていた、、

 

いったん風邪をひくと、数日は悪影響が出てしまう。今回はやすみ中だったからまだよいものを、下手したら無駄に有休を消化しなくてはならないことになりかねない、、

 

そもそもR1ヨーグルトを自家培養しようと決断したのも、これ以降風邪をひきたくないという願望ゆえだ。

 

だが、約三ヶ月でまたしても風邪をひいてしまったのだ。

おもいつく原因をあげてみる

 

1.旅行してたので、その間R1ヨーグルトを食べていない。3日もすれば、腸内から乳酸菌がいなくなってしまうとも聞く。

2.旅行中、かなりの体力を消費した。長崎、広島とずいぶんと市中を歩いた。普段会社と寮の往復しかしてない自分には相当な運動量であったし、暑さで汗をかき、室内のクーラーで乾かしてはの繰り返しは相当堪えたはずだ。

3.のどをいためた夜はいつもよりエアコンの風量を強めにしてしまった。風量しずか→1である。設定温度も29のところ28だった。小さな違いがのどを痛めつけたかもしれない。

 

元来、季節の変わり目、気温変化時期に風邪をひきやすいのはわかっている。

去年10月に風邪をひいたときも急激な気温低下が原因だったと思われる↓↓

http://shigatakao.hatenablog.com/entry/2016/10/11/224930

 

今回はというと、、

f:id:north-urawa-takao:20170819182142p:image

 滋賀に帰ってきた15.16日あたりではとくに最低気温の変化はみられない、、

ただゆるやかに2.3度最低気温が下がりつつあるのは確かだ

 

原因1に関しては、毎日できるだけ(R1ヨーグルトの効用をだまされたとおもって信じてみて)食べ続けることで対策をとっていく。

 

原因2と3に関しては、体力を消費するアクティビティをやめるわけにはいかないし、エアコンを使わないわけにもいかないので、風邪をひくリスクが高まったら予防措置を講じていくことが大切だろう。

 

だが、風邪をひくリスクが高い低いはどう判断していけばよいのか、、?そして、どのような予防措置が有効なのか、、?

 

どのような状況下で風邪をひきやすいかは、先人の知恵も含め過去の体験から導きだすのも有効だろうし、外部の気温の変化、部屋の気温の変化、体温?等データの分析で責めるのも有効だろう

 

IoT、AIと叫ばれる昨今、指標を作成し、リスクが高まったらユーザーに伝える、、そんなサービスが生まれるのもすぐに違いない

(風邪うんぬんに限らないが、アスリート武井壮は常に万全の体調をキープするために気温体温体調等、データをアナログにノートに記録していたという)

 

風邪をいったんひくと、1週間とまではいかなくても2.3日はずっとしんどい。ほかになにもできなくなる。

独り身にはただ耐えることしかできない。

極力かからないためにはどうすればよいのか、一生向き合っていかなくてはならない問題だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都の保護猫カフェに行ってきた

どこでも見かけるようになった猫カフェ

京都にもたくさんありますが、

保護猫と会える猫カフェに行ってきました!

 

単焦点の一眼で撮影↓↓

f:id:north-urawa-takao:20170625174016j:image

 テーブルの上にお座り。お客さんに構ってもらってました

 

f:id:north-urawa-takao:20170625174136j:image

f:id:north-urawa-takao:20170625174142j:image

f:id:north-urawa-takao:20170625174157j:image

この子はなんか嬢王様的で悠然としてました笑

あんまりおもちゃに反応しない、、

 

f:id:north-urawa-takao:20170625174322j:image

目まん丸してすごい表情笑

 

ほかに3匹いて合計6匹だったはず

 

ドリンク付きで30分で1000円でした

 

保護猫なのにすごくひとに懐いてる!

 

6畳ぐらいの小さなスペースでしたが

のびのびとした猫ズをたのしめました!

 

 

http://www.pet-onelove.com/iphones/about/page.php?shop=136

コメダ珈琲のアイスココアがビックな件。

コメダ珈琲は全国どこにでもありますが

たぶん行ったことあるんだろうけど

関西に来てからはじめて来ました

 

メニューをみると結構リッチなカフェなんだなと(まあふつうですかね、ふだんいかないので)

 

ぼくはコーヒーは好きじゃないので

目に飛びこんだアイスココアを頼みました

 

となりの学生も同じのを頼んでる、、

 

520円だったんですが、

これがビックなんです!

 

f:id:north-urawa-takao:20170624191050j:image

 

↑↑飲みかけの図。

(飲む前じゃなくてごめん)

 

ヒヤヒヤのココアの上にソフトクリームがのってます

 

結構量があってちびちびのんでたら

なかなか終わりません!!

 

なんだかんだ3.4時間いました

 

外が暑くて涼みたいときにどうでしょう??

 

 

 

 

 

ずいぶん放置していた。

6月

 

ちょうど一年まえは現場研修の名の下に

派遣さんに混じってドライバーでビスうちを毎日数千本していた

 

あれから一年、毎日デスクにむかっている

 

事務職だと自由に休みがとれる

だるいなとなるとおじさんたちはタバコを吸いにいくけれど

ぼくは煙がきらいなので、

空いた喫煙所の脇のベンチでボーとしている

空を見上げると大きくゆったりと空が動いていた

 

f:id:north-urawa-takao:20170624141155j:image

 

今年の6月は

雨らしい雨が降らない6月だけれど

ぼくの心はジメジメしてますね笑

 

より自由を目指してデスクを抜け出したいと思っている

 

スガシカオのjuneはジメジメした6月

に再起を誓うにはぴったりです↓↓

https://youtu.be/vOewSn9XGns

 

 

 

 

ぼくは残念ながら”いいひと”からは程遠い

工場の現場では、作業者は横一列にラインに並んで、それぞれ与えられた作業をひたすらこなしていく

だが、作業をこなす時間に作業者によってバラツキがあると、どこかでつまってしまう

つまり、それぞれが決められた一定の時間で作業を終えなくてはならない

いそいでセカセカと単純作業を繰り返すのは苦手だ

モタモタしてると、つっかえてますよと言わんばかりの無言の圧力を感じてしまうし、それがまたミスを誘発しそうになる

自分のペースで、誰にも邪魔されずにやりたい!!

と何度も思った

 

だが、そうも言ってられない

 

文句を言われない程度に、ひとつひとつの作業を速めてみたりした

 

いま、本生産が始まるまえで、同じ工程に入る二人と交代で作業を行っているが、ふたりはスピードを求めていた

そういう姿勢を見ていると、どうしても同じ土俵にのりたくない自分がいる

 そんなに急いだって危ないだけじゃないか、こっちのほうが身体に負担がないなどと

 だから、ぼくはわざと緩慢に作業をやってみせたりする

(←性格悪い

 

工程ごとの作業のバラツキを調べるために時間を計測なんかしたりすると、ほかの二人に比べて1分も遅かった!笑

 でも、二人とは会って数日も経たない間柄なので、いじってもこないわけです

 

いやいや、そんな速くこなしてどうするの?ほかから作業、分けられちゃうよ?

 と、応えるつもりではいたんですがね、、

 

きょう、二人はわりと仲良くやってそうですが、ぼくと二人との親密度は高まる気配はなく

 ひとりは、ぼくよりいくつか年下なのに貫禄があるというか、腰に手を当ててぼくの作業を見ている姿に風格があって、怖い笑

 でも、それは勝手にぼくが感じてるだけで、ぼくの迂闊な作業のミスを指摘するときなんかはいつも低姿勢で、いかにこいつらとは違うことをやってやろうと脳内で巡らせてる自分をムキにさせてしまうわけです

 

 まじめそうだし、だれとも感じよく話せる、なにより仕事できそうで頼れそう!いざというとき助けてくれる優しさがある

 といった具合に、彼はまさにいかにもいいひと!!

(いいすぎた?!)

 

そういうひとと接すると、偏屈になってしまう自分

 ぼくはいいひとにはなれないのか?

 

ぼくはひとに優しくなれるだけの人間ではない??

 

f:id:north-urawa-takao:20161013221144j:image

 

どうやらぼくは風邪をひいたらしい

f:id:north-urawa-takao:20161011222434p:imagef:id:north-urawa-takao:20161011222438p:image

この三連休、夜一気に冷えこんだ。

月曜、朝起きてから鼻水が止まらなかった、不思議だなと。数日前から鼻水でてるけど、今日はまじでとまらない!!

 

布団を干してみることにした

たぶん盆前に一度干した気がする

 

治らなかった

 

花粉情報を調べてみる

 

花粉情報の提供は気象庁をはじめ、すでに終わっていた、、もう飛んでないらしい

 

おかしいなと、とりあえず外に出ようと

ハードオフに行ってみようと(行きたくなっただけ)

 

チャリンコこぎこぎ

冷気に鼻があたると、症状は和らいできた

f:id:north-urawa-takao:20161011223100j:image

 

そんでもって、とくとくうどん!!

得々の日で150円ぐらい安かった辛味噌うどん!!(毎月10日と19日)

 

鼻水でなくなった??

 

ここらへんで気付き始める

チャリンコこぐのいままでだるくなかった?

 

もしかして風邪?!

 

直行で家に帰る

体温計さしてみたら、案の定7度3分

 

やれやれ

 

どうやらぼくは風邪をひいているようだ

 

それから、暖房つけて、厚着して厚い布団かぶって、寝る寝る寝る

 

起きたら、ドリンクの漢方をのんだ

 

そんでまた寝る寝る寝る

 

f:id:north-urawa-takao:20161011224143j:image

↑これはねるねるねるね

 

そんで体温測る

 

6度9分!!

 

これはいけるって、ふたたび寝て起きたときには出社の時間でしたとさ

 

それでも1日、ぼくはのりきりました

 

勤務終了数十分前のことです、チーフから声がかかります

 

「タカオくん、来週夜勤いけない?」

 

え、夜勤??

 

どうやらぼくは来週夜勤らしいです

 

体力つけときます、せやから今日もねるねるねる。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

李相日監督の映画「悪人」を観て

駅前の図書館でSWITCHの最新刊を読んだ

 

SWITCH Vol.34 No.10 『SCOOP!』を追う者たち

SWITCH Vol.34 No.10 『SCOOP!』を追う者たち

 

 

福山雅治が表紙、思わず手にとった。モテキの大根監督の映画に主演するとか

映画の特集らしく、映画の雑誌みたいだった(ふだんはどうなのかは知らない、、まえ、指原の表紙に魅かれて買ったことがあるが、そのときは写真がメインだった)

 

そのなかでひときわ興味をひいたのが、李相日監督の映画「怒り」の記事だった

宮崎あおい綾野剛妻夫木聡が出演してて、ゲイシーンが話題になっているやつだ

 

妻夫木のインタビューから、監督の役者に対する厳しい態度と作品にかける情熱が読み取れる

「役者をまずはがしていくことから始める」「そのひとになる瞬間をじっと待つ」「見切れぎりぎりのところで役者の演技を見守る」

 

綾野と妻夫木に対して「二人の芸能人がただ並んでカップめん食ってるようにしか見えない」と言って切り捨て、彼らは実際に二人で共同生活をはじめ役と向き合ったという

 

ここまでくると、監督の作品が気にならないわけがない、、、!

 

 

 

そこで、6年前(観てはいないが存在は知っていた、そんな前だったとは!)の監督の映画「悪人」をみようとなった

 

悪人

 

結論から言うと、これは激推しの映画だ(ラストは泣いた。。。)

それほど映画は観ないけれど、悲劇の映画というとドラッグ、酒、性におぼれ、暴力、暴力、暴力、、、殺人、もうどうしようもない、みたいなのばかりだと思っていたが(そんなことはない?「そこのみにて光り輝く」とかそんなイメージ)

 

そんな現実ひどくはないだろ!って思ってしまうのだ。作為的に悲劇を持ち込んでる、悲劇的なイベント(重い病にかかる、親が自殺、殺人を犯してしまうetc)を映画を成立させるために道具として使っている、とも

 

だが、この「悪人」はこちらにそんなつっこみをさせず、イライラもさせなかった

 

主役は殺人を犯してしまう妻夫木だが、彼にほれ込んで共に逃避行に及ぶヒロインの深津絵里をはじめ、登場人物皆それぞれが丹念に描かれていて、どの人物も遠くには感じられなかった

自分に近い、もしかしたら自分もそうなるかもしれないと思わなくとも、見渡せば自分の周囲近くにいそうな、強いリアリティがあったように思う(それは監督の役者を引き出す、、いや、引きはがして生身をむき出しにする?演出術が大きいのか)

 

柄本明演じる、娘を殺された父親はおぞましい憎悪を抱いており、ほかの人物とは一線を画しているが、それだからこそ言えたともいえる語りのようなセリフがあった

「守るべきものがないやつが多すぎる、失うものがないと開き直って余裕をもったつもりになってる、だがそうじゃないだろ?そんなんじゃ人間ダメだ、、、どうしても守りたいものがおまえにはあるか?」みたいな

映画を観客に語りかけるかのようなセリフだし、そんな言い回しだった

 

守るべきものがあるひとって今の世の中どれだけいるんだろうかって思ってみるけど、意外とみんなあったりして、、(ぼくは当然ないけれど、いざとなったら街をあてもなく放浪して独りで生きていくかって感じ、でも余裕があるなんて思ってもみないが)

 

失うものがないって、やけくそになってカッとなったら殺人でも犯してしまうかも

 

ぼくだけじゃなく、だれもがすこしはそう思えるんじゃないだろうか、、、

 

やっと手にした守るべきものとも、離別しなくてはならないという運命、

自ら逃避劇に終わりをつけるために、殺人という過去を背負った男が彼女の首に手をかける

こみあげる激しい思いを想像すると、涙を禁じ得なかった

 

壮大で素晴らしい悲劇だ

 

現在公開中の「怒り」はぜひ劇場で観たい、観なくては、、、!

 

 

 

ちなみに、深津絵里の長崎弁?はものすごくかわいい、、!!!

 

繰り返し観たい映画である、出会えてよかった。